横浜武術院☯️中国武術研究院

~より多くの人々が自己の精神と肉体をセルフコントロールできるように~

功夫・・・「できない事」が「できる事」へ

「できない事」が「できる事」へ変わっていく…これを「努力」といい、この積み重ねが “功夫”。


中国武術のことを“カンフー (クンフー・広東話)”と呼ぶことがありますが、漢字で表現すると「功夫」。大陸での標準語 (普通話)では “ゴンフー”と発音され、「時間と労力」または「積み重ねた修練によって得た能力や技術」という意味です。“功夫”という言葉は、武術に限らず、「時間と労力を積み重ね築き上げた技術など」を称えるために、さまざまな分野で使われている言葉でもあります。


人生は “挑戦”の連続でもあり、自分自身の能力を高め続ていくということはいくつになっても大切なことだと思っています。そのためには“前向きな原動力” そして“精神力=こころ”が必要です。


中国武術練功は「技・能力=身体的能力」を高めるだけではなく、豊かな「想像力・創造力・行動力=大脳の活性化」をも養うことができるのがひとつの特徴です。現代の日本社会に求められているものは大脳トレーニングによる「脳の活性化」。そして「感動、健康、癒し」だと言う記事を以前どこかで見かけましたが、脳の活性化によって得られる「前向きな原動力」は、いつでも どんなときでも自分らしくいるための「精神力」を養っていきます。


どこかこの社会では “依存心”から抜け出せない印象を受けます。自ら思考することなく大脳を駆使せず、日々に感動することはなく、不健康な生活習慣を送り、ストレスに満ちている…人任せに成果を求め、誰かに指示したり、されたりしながら生きていても充実感は得られません。


武術を生業に生活をしていて思うのは、毎日、自分の意志で身体を動かしていること、いい形での思考力を働かせ、ありとあらゆる肉体の全てを使いこなせば、心地よさや達成感があります。“感動、健康、癒し”は、自分の中で作りあげるものです。人に求めるものではありません。


“他力”ではなく「自力」、古くは「自強不息」。心身が元気でこそ「現在」を楽しく生きることができるものです。自分のなりの“功夫”を積み重ねていくことで、いつまでも自分らしく頑張っていきたいものです。

f:id:akechannel:20211026164856j:plain


🍀🍀

お教室内容のお問い合わせ、体験希望の方は

『横浜武術院ホームページ』 http://www.yokohamabujutuin.sakura.ne.jp

よりメールでお問い合わせください。


皆様、はじめまして! - 横浜武術院☯️中国武術研究院

代表 成澤正治 プロフィール - 横浜武術院☯️中国武術研究院

武術院 各クラスのご案内 - 横浜武術院☯️中国武術研究院